アルバイトのあるある

アルバイトのあるあるとして、正社員よりも働いているのに待遇が悪いというものがあります。

正社員は責任が重く、何かあった時に責任を取らなければならないため高待遇になっていて
その一方でアルバイトは責任を取らなくて済むため、
正社員以上に仕事をしていても待遇が悪いということがあるものです。

そして、正社員はアルバイトの見ていないところで、
やるべき仕事をしっかりしているので、待遇が良いといわれていますが
実際には本当に正社員は仕事をせずにアルバイトで成り立っているというのは
あるあるといえる出来事のひとつです。

日本は正社員の待遇が非常に手厚く簡単に解雇をすることが出来ないため、
上手く会社にもぐりこむことが出来れば
多少仕事が出来なくてもクビになることはありません。

そして、そのしわ寄せというのがバイトとパートにくるため、
あながち正社員が仕事をしないというのも間違ってはいないのです。

もちろん、優秀な人が正社員として働いている職場と言うのもありますが
実際にはただ雇用形態が違うだけで対して仕事が出来ないのも関わらず
待遇だけが良くてアルバイトから見れば
なぜこのような格差が生まれるのだろうかというのは
アルバイトのあるあるとして多い話です。

また、アルバイトだとあまりお金が貯まらず、
自分のしたいことにお金を使えないと言ったこともあるあるではないでしょうか。
女性に多いのが、美容を節約してしまうことです。
探せば100円で綺麗になれるところもあるので(参考:脱毛【新宿編】
アルバイトだからと腐らずに、女性を保てるようにしましょう。

アルバイトから正社員になるには

アルバイトから正社員になるためにはまず基本的に、
社員登用の途があると最初に募集内容ではっきりしている職場を選ぶ必要があります。

このような条件が無くとも、
正社員として雇用してもらえることがある企業も多くありますが
一番確実なのは働きによっては社員の道もあるということを
はっきりしている場所を選ぶ必要があるのです。

例えばですが近年人気の脱毛サロン「ミュゼ水戸」では、
入社後に様々な研修を受けることができます。

また、アルバイトから正社員を目指す際に重要なことは、
その職場に身を捧げすぎないことです、

企業側としても社員を餌にアルバイトを
安く使おうと考えている企業も少なくありませんから、
このような場所で身を粉にして働くようなことをしていると
会社の状態が悪くなった時には、容赦なく解雇されてしまうことがあるためです。

そのため、正社員になるために最大限の努力をすることは大事ですが
あまりその職場だけに全力を傾けると、後で潰しがきかなくなってしまうため
他にも逃げ道を作っておく必要があるのです。

どうしても、その職場で社員として働きたいというのでなければ、
正規雇用のチャンスがあればそのアルバイト先にこだわらず
どこの職場でもすぐに移るというアンテナを張りつつ、
そのアルバイト先で正社員にしてもらえるように最大限努力をすることが重要です。

アルバイト出来る職種

resutaurant.jpg

ちょっとしたお小遣い稼ぎや、会社員の副業として、
あるいは正社員になるまでのつなぎとして
パートやアルバイトの仕事をする人は多いでしょう。
どのようなアルバイトでも正社員よりは給料が安いですが、
ミュゼ 札幌ではワンコインで施術を受けれますので、
アルバイト生活をしている多くの女性の味方となっています。

では、アルバイトが出来る職種には、どのようなものがあるのでしょうか。
典型的な職種には、ファストフードやレストランでの仕事があります。
客席で注文をとる仕事もあれば、厨房で調理の手伝いをしたり、清掃をする仕事もあります。

いずれも、初心者でも出来る仕事がほとんどです。
業務内容の大半はマニュアル化されているので、
初めて働く人でもマニュアルに沿って仕事をこなせばいいので、
気軽に働ける仕事だと言えるでしょう。

しかし、アルバイトの仕事は、必ずしもマニュアル化された仕事ばかりではありません。

最近では、企業の受付や秘書、一般事務などの仕事も、
社員を雇わずにバイトに任せている所が増えています。
このような仕事をする人たちは、社員並みに責任のある仕事を任されるので大変です。

しかも、お給料は正社員に比べるとずいぶん安いので、
仕事の内容と報酬がひどく不公平なのです。

このように、バイトの仕事は必ずしも楽に稼げるものばかりではありませんので
求人内容を良く確認して、仕事内容に見合った報酬が得られる仕事を選びましょう。

アルバイトの時給平均

money.jpg

時間によって収入が決まるアルバイトは仕事を探す際に時給が気になる部分ですが
職種や業界、地域によって異なるのが基本となります。

平均的な時給に関しては統計をとったデータが公開されていますが、
都市圏では千円を超える平均時給がでています。

職種によっても変わりますが、専門的な職業や運輸系では高くなる傾向があります。
アルバイトの時給は最低賃金を超えていれば、
雇用する側で自由に決めることが可能ですから平均では判断できない部分が多いと言えます。

薬剤師ではアルバイトでも3000円を超えることも珍しくはありませんので、
平均と比べると極端に高くなってしまいます。

逆に平均よりも安い賃金で働く人もいますので、平均額はあてにならないと言えます。
アルバイトは高時給で長時間働くことも可能ですが、
一般的には安いほど長時間労働が多く、高いほど短時間勤務となる傾向があります。

全ては雇用する企業が決めることですから、平均では表せないのが基本となります。

一般的には難儀な仕事や特別な資格を要する職種ほど時給が高くなりますが、
販売職やサービス業、労務系など誰でもできる仕事ほど安くなりますです。

条件の良いアルバイトはすぐに決まってしまうため、
時給で選ぶ際にはスピーディーな対応が必要です。

最近では時給が安いとはいえ、脱毛なら100円で受けられるところなどもあり
低所得者にも暮らしやすい環境が少しずつ出来ているような気もします。
脱毛 佐賀

アルバイトで生活していくコツ

現在であれば、アルバイトで生活していくことは不可能ではないといえます。
ただし、いろいろと工夫することが必要になります。

コツとしては、支出をできる限り減らすことです。
具体的には、電気やガスなどを極力使わないようにすることです。
また、外食や旅行などにはいかずお金のかかる趣味などは極力してはいけません。
言い換えれば、安いものをみつければ贅沢をしてもいいのです。(例→ミュゼ 難波

徹底した節約生活を心掛ければ、アルバイトであろうとも問題はありません。

あとは、貯金することを忘れてはいけません。
アルバイトで将来困ることと言えば、
年をとると仕事がなくなっていく可能性があるということです。
将来困らないためにも、複数のアルバイトを掛け持ち、
収入を増やしておくこともコツの一つです。

アルバイトを長く続けるためにも、体力を使う仕事は極力避けるとよいです。
体調管理は、どんな仕事においても基本です。
アルバイトで生活をするならば、なおさらのことです。

ほかの方法としては、友人などを頼ることを忘れてはいけません。
生活をしていくこと自体、一人でやろうとすれば必ず無理がかかってしまうものです。
もちろん、頼られればきちんと対応しなければいけません。

アルバイトでも生活することはできますが、
いろいろ工夫して人を頼ることを忘れてはいけません。